ホーム >  コンサート  >  定期演奏会  >  第271回定期演奏会

concert

定期演奏会

第271回定期演奏会

透徹した眼でクリストが読み解くブラームスの世界
※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

2016年2月3日 )
19:00開演 (18:00開場)
ザ・シンフォニーホール


 かつてベルリン・フィルを支えた名奏者、ヴォルフラム・クリストの指揮でお届けする、充実のオール・ブラームス・プログラム。オーケストラのすべてを知り尽くしたマイスターによる感動のステージを存分にお楽しみいただきます。
 開幕を飾るドラマティックな序曲に続くのは、スケール豊かに弦楽合奏を響かせる逸品。その深く美しいアレンジにもご注目ください。そしてメインではブラームスの“田園交響曲”とも称される「第2番」の瑞々しいサウンドがホールを満たします。どうぞご期待ください。


文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
協賛:株式会社三晃空調
特別協賛:ダイキン工業株式会社
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2016年2月3日(水)
19:00開演 (18:00開場)
[出演]
指揮:ヴォルフラム・クリスト
Wolfram Christ , Conductor
クリスト
 ドイツ・ハッヘンブルク生まれ。フライブルク音楽大学に学び、22歳の時にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席ソロ・ヴィオラ奏者となる。以来、ソリストとして、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルをはじめ、数多くの著名なオーケストラおよび指揮者と共演。室内楽奏者としても、マルタ・アルゲリッチ、ジェシー・ノーマン、ダニエル・バレンボイム、ジェームズ・レヴァイン等の錚々たるアーティスト達と国際的な音楽祭で共演し、レコーディングを行っている。1999年、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を退団し、指揮者としての道を歩み始める。
 これまでに、客演指揮者として、南アフリカのダーバン・フィルハーモニー管弦楽団、ベネズエラのシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ、デンマーク王立管弦楽団、ゲッティンゲン交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団等を指揮。2004年から2008年まで、マンハイム宮室内管弦楽団の首席指揮者を務め、その間ザビーネ・マイヤー(クラリネット)、エマニュエル・パユ(フルート)、アルブレヒト・マイヤー(オーボエ)、ルノー・カプソン(ヴァイオリン)、ダニエル=ミュラー・ショット(チェロ)らをソリストに迎えている。
 2009年以来、シュトゥットガルト室内管弦楽団の首席客演指揮者を務めており、ドイツ国内外へのツアーを行っている。また、1999年以来、フライブルク音楽大学のヴィオラ課教授として後進の指導にもあたっている。
[プログラム]
◆ブラームス:悲劇的序曲 作品81
 Johannes Brahms:Tragic Overture Op.81

◆ブラームス:弦楽五重奏曲第2番 ト長調 作品111(弦楽合奏版)
 Johannes Brahms:String Quintet No.2 G major Op.111(in arrangements for String Orchestra by Iain MacPhail)

◆ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73
 Johannes Brahms:Symphony No.2 D major Op.73

※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
入場料:
S席¥6,000/A席¥4,500/B席¥3,000/C席¥2,000/学生席(25歳以下)¥1,000(全席指定・税込)
※学生席は関西フィル・チケット受付でのみご予約承ります。

※ eplus(イープラス)でも10/28(水)より取り扱っています!
こちらをクリック!


関西フィルハーモニー管弦楽団 第271回定期演奏会

座席選択
 

カレンダー

前月 NOV 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-11-22
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い