ホーム >  コンサート  >  過去の演奏会  >  定期演奏会(アーカイブ)  >  第270回定期演奏会

concert

定期演奏会(アーカイブ)

第270回定期演奏会

そこに音楽の神は舞い降りる・・・デュメイのベートーヴェン“5”
※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

2015年11月23日 ・祝)
14:00開演 (13:00開場)
ザ・シンフォニーホール


 『ただ楽譜に忠実な演奏ではなく、常に音符と音符の間の“空間の重要性”を意識しなければなりません。独自の“音”は世界を驚かせ、そこに感動を生むのです。』(デュメイ)
 音楽監督デュメイが新鮮な切り口で描く、ベートーヴェンの壮絶なドラマ、〈運命〉。
 そして、盟友ジャン=フィリップ・コラールと紡ぐ圧倒的名作、〈皇帝〉。
 開幕を告げる〈コリオラン〉、その気迫の一撃もお聴き逃しなく。
 楽聖の魅力を味わい尽くす、まさに必聴の公演です。

文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)

助成:公益財団法人 アフィニス文化財団
アフィニス・エチケット

 「楽団としての成長、発展を目指して企画された意欲的な公演」として選ばれました。

協賛:阪急電鉄株式会社

特別協賛:ダイキン工業株式会社
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2015年11月23日(月・祝)
14:00開演 (13:00開場)
[出演]
指揮:オーギュスタン・デュメイ(関西フィル音楽監督)
Augustin Dumay , Conductor
デュメイ
 今世紀最高のヴァイオリニストのひとりであり、その奏法は“正統派スタイル”と定評がある。近年では指揮者としても活動しており、現在ワロニー王立室内管弦楽団と関西フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める。EMI、グラモフォン、ONYXから40以上の録音をリリースしており、数々の賞を受賞している。

独奏:ジャン=フィリップ・コラール(ピアノ)
Jean-Philippe Collard , Piano
コラール
 1948年、フランス・シャンパーニュ地方生まれ。「研ぎ澄まされた表現力と突出した技巧が、演奏のすべての瞬間を特別なものとした」(サンデー・タイムズ)、「フレージングの哲学者、清澄な詩人」(ラ・モンターニュ)など、彼の特別な魅力は批評からも伺える。デュメイとは1970年代から共演を重ねており、数々の名盤を残している。
[プログラム]
◆ベートーヴェン:「コリオラン」序曲 作品62
 Ludwig van Beethoven:“Coriolan” Overture Op.62

◆ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
 Ludwig van Beethoven:Piano Concerto No.5 E flat major Op.73 “Emperor”

◆ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」
 Ludwig van Beethoven:Symphony No.5 C minor Op.67

※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
入場料:
S席¥6,000/A席¥4,500/B席¥3,000/C席¥2,000/学生席(25歳以下)¥1,000(全席指定・税込)
※学生席は関西フィル・チケット受付でのみご予約承ります。

※ eplus(イープラス)でも7/22(水)より取り扱っています!
こちらをクリック!


関西フィルハーモニー管弦楽団 第270回定期演奏会

座席選択

カレンダー

前月 SEP 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-09-24
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い