ホーム >  コンサート  >  過去の演奏会  >  定期演奏会(アーカイブ)  >  第265回定期演奏会

concert

定期演奏会(アーカイブ)

第265回定期演奏会

神童へのオマージュ・・・デュメイのモーツァルト&ビゼー
※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

2015年5月19日 )
19:00開演 (18:00開場)
ザ・シンフォニーホール


『この協奏曲では、ピアノは〈蓮の花〉、そしてオーケストラは〈蓮の浮かぶ池(水)〉を象徴しているのです。〈蓮の花〉であるピアノは、天に向けての開花を歌おうとし、その花の願いは、オーケストラとの激しい交感を経て、少しずつ光の朝に向かってゆくのです。』(細川俊夫)

『〈月夜の蓮〉では、ピアノがモーツァルトと同じような雰囲気を持ちながら、さらに東洋的な神秘さも加わり、詩的に、語りかけてくるように感じられます。これは想像を超える新鮮さでした。細川さん独特の、空間の広さを深く感じる響きが聞こえてきて、その美しさに心より感動しました。オーケストラの微妙な色彩感や動きの変化にのって、ピアノの音の雰囲気は微妙に変化し、また進化してゆきます。それを繊細に、しかも細川さんが細かく書かれたニュアンスを私なりに解釈して、できるだけ明確にお伝えできればと願っています。』(児玉桃)

文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)
協賛:阪急電鉄株式会社
特別協賛:ダイキン工業株式会社
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2015年5月19日(火)
19:00開演 (18:00開場)
[出演]
指揮およびヴァイオリン独奏:
オーギュスタン・デュメイ(関西フィル音楽監督)
Augustin Dumay , Conductor and Violin
デュメイ
 今世紀最高のヴァイオリニストのひとりであり、その奏法は“正統派スタイル”と定評がある。近年では指揮者としても活動しており、現在ワロニー王立室内管弦楽団と関西フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める。EMI、グラモフォン、ONYXから40以上の録音をリリースしており、数々の賞を受賞している。

独奏:児玉 桃(ピアノ)
KODAMA Momo , Piano
児玉桃
[プログラム]
〜2人のデュオによる華やかなオープニング〜
◆モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第25番 ト長調 K.301
 Wolfgang Amadeus Mozart:Violin Sonata No.25 G major K.301

〜初演者、児玉桃が魅せる神秘的空間〜
◆細川 俊夫:月夜の蓮 ―モーツァルトへのオマージュ―
 HOSOKAWA Toshio:Lotus under the Moonlight ―hommage à Mozart―

〜デュメイが躍動する清廉なシンフォニー〜
◆ビゼー:交響曲第1番 ハ長調
 Georges Bizet:Symphony No.1 C major

※出演者、曲目、曲順など、内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
入場料:
S席¥6,000/A席¥4,500/B席¥3,000/C席¥2,000/学生席(25歳以下)¥1,000(全席指定・税込)
※学生席は関西フィル・チケット受付でのみご予約承ります。

※ eplus(イープラス)でも1/21(水)より取り扱っています!
こちらをクリック!


関西フィルハーモニー管弦楽団第265回定期演奏会

座席選択

カレンダー

前月 NOV 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-11-22
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い