ホーム >  コンサート  >  過去の演奏会  >  いずみホールシリーズ(アーカイブ)  >  いずみホールシリーズ Vol.6

concert

いずみホールシリーズ(アーカイブ)

いずみホールシリーズ Vol.6

〜名手、宮本文昭と飯守が織りなす、モーツァルトの歌〜


2006年6月29日 )
19:00開演 (18:30開場)
いずみホール


生誕250年を迎えるモーツァルト。旅の連続であった彼は、多くの霊感をそこから得ました。今回は、最も重要なたびの一つ、マンハイム・パリ旅行をテーマに、1777〜1779年に作曲された協奏曲とセレナーデを取り上げます。モーツァルトと名手の出会いのように、宮本文昭が関西フィルに登場。モーツァルトをライフワークに掲げる飯守泰次郎とともに、モーツァルトの幸福をお届けします。

平成18年度文化庁芸術創造活動重点支援事業
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2006年6月29日(木)
19:00開演 18:30開場
[場所]
いずみホール
[出演]
指 揮:飯守 泰次郎
[プログラム]
モーツァルト:
 3つのドイツ舞曲 K605
 オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314
 セレナード第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」

カレンダー

前月 NOV 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-11-18
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い