ホーム >  コンサート  >  過去の演奏会  >  定期演奏会(アーカイブ)  >  第210回定期演奏会

concert

定期演奏会(アーカイブ)

第210回定期演奏会

"音の魔術師、降臨"
…藤岡幸夫&堤剛が贈るフランスの色香
管弦楽の魔術師ラヴェルを生んだ美の国
フランス音楽の詩情と精緻が色めく…
チェロに生を燃やす堤剛の登場!

2009年4月29日 ・祝)
15:00開演 (14:00開場)
ザ・シンフォニーホール


舞踏会、夜明け、小鳥のさえずり、愛の囁き。オーケストレーションの魔術師ラヴェルの手にかかると、それらはまでる精巧な壁画のごとく色彩を得て輝き始めます。その精緻な作風を育んだフランスの音楽を辿るこの公演。ラロの協奏曲では日本チェロ界で重きをなす名匠・堤剛が登場し、哀愁漂う旋律から絢爛たる高揚までを燃焼させます。そして「死の舞踏」では関西フィル・コンサートマスター岩谷が妖艶な光景に皆様を誘うのです。フランスでしか生まれなかったであろう色香の極致、藤岡幸夫の指揮で存分にお楽しみ下さい。

平成21年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)
協賛:NTTドコモ
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2009年4月29日(水・祝)
15:00 開演 14:00 開場
14:40〜 指揮・藤岡幸夫によるプレ・トーク(曲目の解説等)開催!
[場所]
ザ・シンフォニーホール
[出演]
指揮:藤岡幸夫(関西フィル首席指揮者)
[プログラム]
◆サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」作品40
 Camille Saint-Saens: Danse macabre Op.40

◆ラロ:チェロ協奏曲 ニ短調
 Edouard Lalo: Cello Concerto D minor

◆ラヴェル:バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲
 Maurice Ravel: Suite No.2 from "Daphnis et Chloe"

◆ラヴェル:ラ・ヴァルス―舞踊詩
 Maurice Ravel: La valse - Poeme choreographique

カレンダー

前月 NOV 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-11-18
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い