ホーム >  コンサート  >  過去の演奏会  >  定期演奏会(アーカイブ)  >  第196回定期演奏会

concert

定期演奏会(アーカイブ)

第196回定期演奏会

戦時の人々の心に火を灯したロドリーゴ
ギターを超越した音楽家・福田進一と藤岡幸夫/関西フィルの暖かな響き。
そして近年、歌劇・声楽曲に意欲を持って取り組む藤岡の新展開。

2007年9月6日 )
19:00開演 (18:00開場)
ザ・シンフォニーホール


スペイン内戦の時期に初演された「アランフェス協奏曲」は、その場の聴衆の心に一時の平安をもたらしたと言われています。今回のソリストは福田進一さん。村治佳織・鈴木大介等の多くのギタリストを育てたことで知られる福田さんですが、彼自身もパリ・エコール・ノルマル首席卒業のテクニシャン。優美で確かな名人芸を得て、藤岡幸夫/関西フィルが初演の雰囲気を再現します。
同じように人々の心を慰める「スターバト・マーテル」は、歌劇作家ロッシーニならではの明快で伸びやかな演奏効果に富む作品です。パリでの初演時、聴衆を興奮の坩堝に巻き込んだこの作品に、神戸フロイデ合唱団の皆様とともに、新しい命を吹き込みます。

平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2007年9月6日(木)
19:00開演 18:00開場
18:40〜 指揮・藤岡幸夫によるプレ・トーク開催!
[場所]
ザ・シンフォニーホール
[出演]
指揮:藤岡幸夫
ギター独奏:福田進一
ソプラノI:福永修子
ソプラノII:重松みか
テノール:松本薫平
バス:三原剛
合唱:神戸フロイデ合唱団
[プログラム]
◆ロドリーゴ: アランフェス協奏曲
 Joaquin Rodrigo: Concierto de Aranjuez

◆ロッシーニ: スターバト・マーテル
 Gioacchino Rossini: Stabat Mater

カレンダー

前月 NOV 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-11-22
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い