ホーム >  コンサート  >  過去の演奏会  >  定期演奏会(アーカイブ)  >  第193回定期演奏会

concert

定期演奏会(アーカイブ)

第193回定期演奏会

尾高忠明、関西フィル初登場
尾高のパヌフニクへの共感と、関西フィル今年のテーマが出会う。
"ブラームス田園交響曲"とも言われる「交響曲第2番」を冒頭に
若き名手・川久保賜紀とのメンデルスゾーン

2007年5月25日 )
19:00開演 (18:00開場)
ザ・シンフォニーホール


尾高忠明さんが、関西フィルに初登場。尾高さんが選んだ作品は、ポーランドに生まれイギリスで活躍したパヌフニク「祭典交響曲」。これまでも同曲を多くの演奏会で取り上げてきた尾高さんの作品への共感と、関西フィル2007年のテーマ「20世紀の肖像」とが出会う、僥倖とも言える演奏会です。
 もちろんそれだけではありません。最初にお送りするブラームス「交響曲第2番ニ長調」はコンサートのメインに置かれることもある名曲です。慈しみに満ちた旋律がだんだんと盛り上がっていく第1楽章の高揚感などは、「交響曲第1番」のそれを凌駕すると言っても過言ではないでしょう。そして第4楽章での情熱の爆発のような快速な音楽もお楽しみ下さい。
そしてその間で華を添える川久保賜紀さんにも注目です。チャイコフスキー国際コンクールを制した技量と存在感を、ヴァイオリン協奏曲の定番中の定番、メンデルスゾーンの作品でお確かめ下さい。

平成19年度文化庁芸術創造活動重点支援事業
関西フィルハーモニー管弦楽団 主催公演
[日時]
2007年5月25日(金)
19:00開演 18:00開場
18:40〜 指揮・尾高忠明によるプレ・トーク(曲目の解説等)開催!
[場所]
ザ・シンフォニーホール
[出演]
指揮:尾高忠明
ヴァイオリン:川久保賜紀
[プログラム]


◆ブラームス: 交響曲第2番 ニ長調 作品73
 Johannes Brahms: Symphony No.2 D major Op.73

◆メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
 Felix Mendelssohn: Violin Concerto E minor Op.64

◆パヌフニク: 祭典交響曲
 Andrzej Panufnik: Sinfonia sacra

カレンダー

前月 NOV 2017 次月
SMTWTFS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-11-22
関西フィル友の会
関西フィル公式ブログ
関西フィルfacebook
関西フィルツイッター
無料託児サービス
楽団員一覧
関西フィルWEB対談
エンター・ザ・ミュージック
合唱団員募集
NPOご寄付のお願い